トスカ式ブログライフ

MTGの話を書いたりゲームの話を書いたり

【MTG】新フォーマット”Brawl”で採用できる統率者 赤編

 イクサランの相克期のBrawlで使える全統率者レビュー、今回はプレインズウォーカーを除く赤単色のカードについて紹介していく。

 

白編はこちら

青編はこちら

編はこちら

編はこちら

編はこちら

友好二色編はこちら

対抗二色編はこちら

その他カラー編はこちら

PW編はこちら

 

〇赤編

 

《永遠衆、ネヘブ/Neheb, the Eternal》

f:id:tska1234:20180402232105p:plain

 

 大量のマナを捻出してくれる一風変わった統率者。

 注目したいのは能力の適用が対戦相手全員に及んでいることであり、必然的に対戦相手全員にダメージを与える能力と相性が良くなる。

 マナがかからないところで言うと《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》《稲妻砲手/Lightning-Rig Crew》あたりか。《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》も手札こそ使えどマナの数的には結果的に得をするため採用できるだろう。

 1つ問題なのは大量のマナをどう使うかというところ。無難なところだと《次元橋/Planar Bridge》か。

 

 

《原初の嵐、エターリ/Etali, Primal Storm》

f:id:tska1234:20180402232922p:plain

 

 赤単での統率者筆頭候補。対戦相手が多いため、4人戦であれば4枚のデッキトップをただで唱えるチャンスができる。追加攻撃が加われば更に増え、莫大なアドバンテージを手にすることができる。

 できれば相手に除去させる暇を与えたくないため速攻を付与したいところ。現在のBrawlでエターリに速攻を与えることが可能な置物は《気ままな芸術家/Spontaneous Artist》《血に飢えた振起者/Bloodlust Inciter》《オテペクの猟匠/Otepec Huntmaster》《ハゾレトの指名/Hazoret's Favor》《闊歩するものの装具/Strider Harness》の5枚。

 

 

《ピア・ナラー/Pia Nalaar》

f:id:tska1234:20180402233630p:plain

 

 スタンダードだといぶし銀の1枚となっていたこのカードも、多人数戦では少々物足りないカードとなってしまう。

 一応《つむじ風製造機/Whirlermaker》という弾を生成してくれるカードはあるが、5マナや6マナかけてやりたいことなのかと言われると微妙なところ。

 アーティファクトを出してくれる点と工匠であることを利用して即席工匠ビート気味に組むのが良いかもしれない。(なお青が使えないことに注意)

 

 

《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》

f:id:tska1234:20180402234011p:plain

 

 ほぼ内容は上と同じ。違う点があるとすればさらに軽くなったためかなりスライ寄りに組むことができるようになったという点か。(尤も多人数戦でスライが成立するかどうかは疑問だが)

 

 

《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》

f:id:tska1234:20180402234546p:plain

 

 赤単での統率者筆頭候補その2。

 除去耐性がある上に速攻を持っているために戦線に素早く復帰しやすい。

 起動能力も対戦相手全体に及ぶためダメージを稼ぎやすく、対戦相手3人を1人で倒すのも決して非現実的ではない性能となっている。

 《ギラプールの宇宙儀/Ghirapur Orrery》と合わせて手札を補充しつつ戦いたいところ。

 

 

《風雲船長ラネリー/Captain Lannery Storm》

f:id:tska1234:20180402235336p:plain

 

 戦闘時に使いきりのマナを1つだしてくれるという少々変わり者のクリーチャー。

 対戦相手が多いBrawlではブロックによる死亡が少ないため毎ターン殴りに行くのも普通に現実的。しかし不安であれば《継ぎ当ての翼/Cobbled Wings》などを利用して回避能力をつけるのもいいだろう。

 赤には《誘惑の財宝/Trove of Temptation》《鉄面提督の報奨/Brass's Bounty》といった宝物沢山を生成できるカードが多く存在するため、純粋に速攻持ちの優秀な殴り手として運用するのも可能。

 

 

 

 

 赤はここまで。また思いついたら追記します。