トスカ式ブログライフ

MTGの話を書いたりゲームの話を書いたり

【MTG】新フォーマット”Brawl”で採用できる統率者 黒編

 イクサランの相克期のBrawlで使える全統率者レビュー、今回はプレインズウォーカーを除く黒単色のカードについて紹介していく。

 

白編はこちら

青編はこちら

編はこちら

編はこちら

編はこちら

友好二色編はこちら

対抗二色編はこちら

その他カラー編はこちら

PW編はこちら

 

〇黒編

 

《穢れた血、ラザケシュ/Razaketh, the Foulblooded》

f:id:tska1234:20180402223056p:plain

 

 黒単の統率者筆頭候補。

 黒にはコンボが多く、それだけにこういったサーチカードはかなり優秀。本体スペックも上々で普通に殴りかかるのにも十分な性能をしている。

 マナコストがかなり重いため、マナファクトの採用は忘れないようにしたい。宝物を利用して一時的にマナを増やすのもアリ。

 《バントゥの碑/Bontu's Monument》《誓いを立てた吸血鬼/Oathsworn Vampire》《無慈悲な略奪者/Pitiless Plunderer》の3枚とで無限コンボになることは忘れないようにしたいところ。

 

 

《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》

f:id:tska1234:20180402224451p:plain

 

 前述のとおりBrawlにも一定数のコンボが存在しており、このカードはそういったコンボのキーパーツを落とせる可能性を秘めているカードとしてとても興味深い。

 殴りには期待できないが擬似ドローと擬似除去を兼ねているため優秀なアドバンテージ源としてかなり信頼できる。

 安直ではあるが《パンハモニコン/Panharmonicon》は是非採用しておきたい。全体除去にあわせて《超常的耐久力/Supernatural Stamina》を打つ動きも一度は体験しておきたいところ。

 

※どうでもいい話だが、パンハモニコンは実在する楽器。(詳しくはここ

 

 

《原初の死、テジマク/Tetzimoc, Primal Death》

f:id:tska1234:20180402224400p:plain

 

 能力を見る。

 

 「手札から」と書いてある。

 

 悲しむ。

 

 彼についてはこれ以上語りません。

 

 次。

 

 

《不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisan》

f:id:tska1234:20180402225349p:plain

 

 コンボを確実に決めに行くラザケシュに対し、こちらは序盤の殴りも重要視するタイプの統率者。軽いのも強みで、ただでさえ破壊不能付与により除去られにくい上にリキャストも比較的簡単である。

 《バントゥ最後の算段/Bontu's Last Reckoning》との相性は最高で、場合によっては相手1人を瀕死にまで追い込むことができる。

 無限コンボについてはラザケシュと同様。ただしこちらはサーチはできないため他のカードでパーツを探す必要がある。

 

 

《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified》

f:id:tska1234:20180402225919p:plain

 

 能力は非常に地味だが、効果が対戦相手全員に及ぶため地道にダメージを稼ぐことが可能。

 クリーチャーを定期的に用意する必要があるため、《黄金の守護者/Golden Guardian》の採用を検討したい。格闘による破壊が可能なうえ、3ターン目4ターン目と綺麗に動けるマナコストをしているため結構相性がいい。

 周りに与える影響が少ないことを逆手にとって、コンボなどの勝ち手段がそろうまでヘイトを買わないように動くようにしたい。

 

 

 

 黒はここまで。また何かあれば追記します。