読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トスカ式ブログライフ

MTGの話を書いたりゲームの話を書いたり

アモンケット雑感(除去)

 アモンケットのカードギャラリーを一通り見たので、とりあえず除去カードに関してつらつらと。

 今回はトーナメント(スパイク)目線です。

magic.wizards.com

 

 

f:id:tska1234:20170417184003p:plain

 

・《賞罰の天使》

 白が濃いミッドレンジや、コントロール色が強めのデッキに採用される可能性がある。

 パーマネントであればどれでも追放できるため、PWや各種アーティファクトもメインから無理なく除去することを可能にする。

 タフネスも4で、多くのパワー3クリーチャーや素の《蓄霊稲妻》を耐える。万一除去されたとしても不朽のおかげでもう一度除去のチャンスがある。(普及するとプッシュの範囲内に入ってしまうことに注意)

 同じマナ帯には《大天使アヴァシン》という強力なライバルがいるが、そこはデッキタイプによってすみわけができるだろう。

 

・《排斥》

 ぶっちゃけ(サイクリングが付いているとはいえ)4マナは重すぎるため、構築レベル化と言われるとかなりギリギリのラインだが、エンチャントに対しては割と寛容なこの環境ではほぼ《完全なる終わり》として機能するだろう。

 

・《マグマのしぶき》

 《屑鉄場のたかり屋》の事を考えるとこの再録はかなりうれしい。PWに飛ばないため《ショック》をすべてこれに変えて良いとは言わないが、何枚かこれに差し替えたり、サイドから差し替えたりすることになると思う。

 

・《焼けつく双陽》

 これを待ってました!シリーズ。とりあえずランプや赤系のスペルデッキの再度、場合によってはメインから採用されるであろうカード。

 《神々の憤怒》のように追放効果はついていなかったが(まあ再録しちゃったら不朽全否定になっちゃうからね)、サイクリングは地味にうれしい。てかこれのおかげでメイン採用もワンチャン出来たわけで。

 マルドゥ機体をなんとかこれで抑え込みたいところだが…。

 

・《不帰》+《回帰》

 ふざけんな!シリーズ。相変わらずインスタントの除去は出したくないらしい。

 《破滅の道》と選択になるが、そもそも破滅の道の覚醒を使ったことなど片手で数えるほどしかないため、こちらに差し替えても良いだろう。なにもないよりはまし、と言うやつだ。

 

・《木端》+《微塵》

 《炎の切りつけ》と言うカードが過去にあったが、そこにおまけを付けたら1マナ重くなりましたよ、というデザイン。

 《キランの真意号》に効かないのは痛いが、カリタスやアヴァシンにまで効くのはありがたい。おそらく多くの赤いデッキにメインから数枚は投入されると予想。

 余波の方はおまけに近いが、アグロデッキであれば消耗戦後の一押しになるのはありがたいかも。

 

 

活躍予想ランキング

1位《木端》+《微塵》

2位《焼けつく双陽》

3位《賞罰の天使》

4位《マグマのしぶき》

5位《不帰》+《回帰》

6位《排斥》

 

 たぶん《木端》は500円ぐらいにはなると思う。《賞罰の天使》はレアリティのことを考えると1,500円ぐらい? 《焼けつく双陽》も500円ぐらいかもね。

 

 

完。